×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠中期のマイナートラブル

妊娠(にんしん)すると、赤ちゃん(あかちゃん)をおなかの中(なか)で育てる(そだてる)しあわせ感(かん)でいっぱいになる反面(はんめん)、さまざまな不快(ふかい)な症状(しょうじょう)も出(で)てきます。妊娠(にんしん)初期(しょき)に悩まさ(なやまさ)れたつわりが治まる(おさまる)中期(ちゅうき)頃(ごろ)には、また別(べつ)のマイナートラブルがやってきます。次に(つぎに)、その症状(しょうじょう)をいくつか挙げて(あげて)みます。●妊娠(にんしん)線(せん)…妊娠(にんしん)が進ん(すすん)でくるとおなかや乳房(ちぶさ)、太もも(ふともも)などに赤色(あかいろ)っぽいみみず腫れ(はれ)のような腺(せん)が出(で)ます。妊娠(にんしん)線(せん)は妊婦(にんぷ)の70〜80%に見(み)られ、一度(いちど)できると完全(かんぜん)には消え(きえ)ませんが、お産(おさん)が終われ(おわれ)ば線(せん)は白っぽく(しろっぽく)なり目立た(めだた)なくなります。急激(きゅうげき)な体重(たいじゅう)増加(ぞうか)による脂肪(しぼう)の増加(ぞうか)や、皮膚(ひふ)の乾燥(かんそう)などでできやすくなりますので、体重(たいじゅう)管理(かんり)や皮膚(ひふ)の保湿(ほしつ)で多少(たしょう)防ぐ(ふせぐ)ことはできます。●体毛(たいもう)が濃く(こく)なる…妊娠(にんしん)により分泌量(ぶんぴつりょう)が増え(ふえ)たホルモンの影響(えいきょう)で体毛(たいもう)が濃く(こく)なることがありますが、お産(おさん)が終われ(おわれ)ば元(もと)に戻り(もどり)ます。また、髪の毛(かみのけ)がパサつく、抜け毛(ぬけげ)が目立つ(めだつ)、などの毛(け)に関(かん)するトラブルも起こり(おこり)やすくなります。●皮膚(ひふ)のかゆみ…ホルモン分泌(ぶんぴつ)の変化(へんか)により、肌(はだ)が敏感(びんかん)になり、かゆみを感じる(かんじる)人(ひと)が多く(おおく)なります。我慢(がまん)できないときはお医者(いしゃ)さんに相談(そうだん)しましょう。●頭痛(ずつう)・肩こり(かたこり)…大きく(おおきく)なった子宮(しきゅう)のせいで血行(けっこう)や姿勢(しせい)が悪く(わるく)なることや、出産(しゅっさん)への不安(ふあん)などから頭痛(ずつう)や肩こり(かたこり)がひどくなるママもいます。適度(てきど)な運動(うんどう)や入浴(にゅうよく)で血行(けっこう)をよくし、ストレスを解消(かいしょう)すると、痛み(いたみ)がやわらぎます。●しみ・そばかす…ホルモンバランスの変化(へんか)で、しみやそばかすができやすくなる人(ひと)もいます。帽子(ぼうし)や日焼け止め(ひやけどめ)で、普段(ふだん)から日焼け(ひやけ)防止(ぼうし)に心がけ(こころがけ)ましょう。●めまい・立ちくらみ(たちくらみ)…大きく(おおきく)なった子宮(しきゅう)に圧迫(あっぱく)されて血行(けっこう)が悪く(わるく)なり、急に(きゅうに)立ち上がっ(たちあがっ)たときに脳(のう)に流れる(ながれる)血液(けつえき)が一時的(いちじてき)に不足(ふそく)し、めまいや立ちくらみ(たちくらみ)を感じる(かんじる)ことがあります。ゆっくりペースで動く(うごく)ことが大切(たいせつ)です。ウォーターサーバー
面白い無料おすすめオンラインゲームをランキングで紹介しています。

妊娠

妊娠すると、赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになる反面、さまざまな不快な症状も出てきます。

妊娠